横浜市のタワーマンション|山信不動産株式会社 > 山信不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 住宅資金贈与の注意点

住宅資金贈与の注意点

≪ 前へ|徐々に高騰しつつある建築資材   記事一覧   日銀 円安よりも金利抑制に重点|次へ ≫

住宅資金贈与の注意点

カテゴリ:税金関連
皆様、弊社ブログをいつもご覧頂き誠に有難うございます!

以前のブログでも、この「住宅資金贈与」に関してはご紹介して参りました。反響やお問合せも多かったこの贈与制度に関して、税制の改正もありましたので改めて変更ポイントや非課税の適用条件など注意点をご紹介していきたいと思います。以前この制度についてご紹介したのが、2021年2月でした。援助してもらえる家庭にとってはマイホーム購入を後押しする制度でしたが、元々この制度は2021年12月31日までの特例措置でしたが、昨年末に発表された2022年度の税制改正により、2年延長されることになりました。
まずは、何が変わったのかをクローズアップしたいと思います!


【2022年住宅資金贈与の非課税措置改正点】
2022年のおもな改正ポイントは以下の4つです!
適用期限の延長
非課税額の変更
対象物件の条件変更
④贈与を受ける人の年齢が20歳→18歳に変更※民法改正により変更


住宅資金贈与の非課税措置は元々2021年12月31日までの措置でしたが、適用期限が2年延長されて2023年12月31日までになりました。

・現行制度:2021年12月31日まで→改正後:2023年12月31日まで                  

2年延長されたことで引き続き贈与を受けやすくなっているものの、非課税額や対象物件の条件などが変更になっているため、留意が必要です。

②耐震、省エネまたはバリアフリー住宅であれば子・孫一人につき最大1,000万円、それ以外の一般住宅であれば500万円までとなりました。それぞれ前回の非課税枠が500万円ずつ非課税額が減少しています。 ※消費税率8%で取得・もしくは個人間売買の中古住宅購入者は改正後も変わらず、一定基準の住宅で1000万円。その他の一般住宅は500万円の非課税枠となる

③対象となる物件の条件については、住宅の床面積50㎡以上240㎡以下なら受贈者の年間合計所得が2,000万円以下、40㎡以上50㎡未満は1,000万円以下という条件となります。贈与の対象になる中古住宅について、今までは築年数20年以内(耐火建築物は25年以内)という条件がありましたが、廃止されました。2022年以降は1982年1月以降の新耐震基準適合住宅の購入であれば、贈与の対象となります。中古住宅のリノベーションを考えていて、購入・増改築費用の贈与を受ける場合は、条件についてよく確認しておく必要があります。

2022年4月1日より、贈与を受ける人の年齢が20歳から18歳になります。これは正式には2022年度の税制改正ではなく、成年年齢引き下げによる変更です。今までは民法で日本の成年年齢は20歳と定められていましたが、民法が改正され、2022年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。 他の改正とは異なり、年齢変更があるのは2022年4月1日からです。

なお、今回対象床面積と並んで大切なのが住宅の取得・入居時期などに期限があることです!

まず、贈与を受けた翌年の3月15日までに贈与資金の全額で住宅取得などのための頭金や残金を支払わなくてはならないです。マンションや中古戸建は同日までに引き渡し、新築戸建は少なくとも上棟している必要がありますのでご注意ください。入居の時期に関しては、2023年3月15日までか遅くとも12月31日までとなっています。申告に関しても忘れてはいけません。非課税の適用を受けるためには贈与された翌年の2月1日から3月15日までに申告しなければなりません。最後にこれを忘れてしまうとせっかくの贈与も非課税枠の適用が受けられなくなってしまいますので最後の締めとして大事な作業です。通常は、現金を受け取った時点で贈与とみなされますが、住宅購入においては頭金と残金(※場合によっては中間金など)支払い時期がずれたりもしますので贈与自体はできるだけ年末を避け、残金の支払いに近い時期に行う方が非課税になりやすいです。

最後に、住宅資金贈与の非課税制度は共有名義で物件を購入する際にも利用できるのがポイントです!夫婦が共有名義で購入する際も、対象物件が適用条件を満たしていればそれぞれの両親もしくは祖父母がそれぞれの直系子孫に最大1,000万円ずつの贈与が非課税となります。これは、大きいですよね!もちろん、前述でお伝えした通りその場合はそれぞれ夫婦別々に申告する必要が出てきますのでご注意ください。

非課税枠自体は減額してしまいましたが、まだまだ相続対策においてこの「住宅資金贈与の非課税制度」は大変有効です!山信不動産(株)では、こうした相続のお悩みや住宅購入時のアドバイスも専門スタッフと一緒におこなっております。気になる方は、お気軽にお電話もしくは下記専用フォームから直接お問合せ下さい!

LINEでも不動産の最新情報やお役立ち情報を配信しています!


- 横浜市のタワーマンション 山信不動産 -

 

タワーマンション情報はこちら

タワーマンションをお探しの方はこちら

 

横浜市|タワーマンション|リノベーション|

湾岸エリア|不動産

 

神奈川県横浜市中区海岸通4-20-2 YT馬車道ビル301

みなとみらい線 「馬車道駅」 徒歩2

 SANSHIN Real Estate



≪ 前へ|徐々に高騰しつつある建築資材   記事一覧   日銀 円安よりも金利抑制に重点|次へ ≫

タグ一覧

  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • 横浜市中区・西区特集
  • タワーマンション特集
  • 採用情報
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 売却査定
  • FUND SIMULATION
  • at home
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    山信不動産株式会社
    • 〒231-0002
    • 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目20番2
      YT馬車道ビル301
    • TEL/045-681-4924
    • FAX/045-681-8050
    • 神奈川県知事 (1) 第30994号
  • 更新物件情報

    2022-06-27
    カスタリア銀座Ⅱの情報を更新しました。
    2022-06-27
    コンシェリア横濱元町 THE RESIDENCEの情報を更新しました。
    2022-06-27
    Log永代橋の情報を更新しました。
    2022-06-27
    タスクセンタービルの情報を更新しました。
    2022-06-27
    ラスパシオ麻布笄町レジデンスの情報を更新しました。
    2022-06-27
    グランリビオ芝大門の情報を更新しました。
    2022-06-27
    リビオメゾン戸越銀座の情報を更新しました。
    2022-06-27
    コンシェリア大森山王 CROSSIAの情報を更新しました。
    2022-06-27
    インペリアル赤坂フォラムの情報を更新しました。
    2022-06-27
    パラディーソ広尾の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

山田 恵二 最新記事



山田 恵二

不動産に関する事なら何でもご相談下さい。 特に、マンションに関しては長く扱ってきた経験もございますので 住宅ローンや税金に関しても細かくご説明致します。 自身の購入や売却といった実際の取引経験も交えてお客様一人一人に合わせたご提案を心がけております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る