横浜市のタワーマンション|山信不動産株式会社 > 山信不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > マンション専有面積の今昔

マンション専有面積の今昔

≪ 前へ|【NEWS-22】中古マンション都心6区で下落   記事一覧   オフィス需要の変化鮮明に|次へ ≫

マンション専有面積の今昔

カテゴリ:マンション
皆様、弊社ブログをご覧頂き誠に有難うございます!

本日は、マンションの専有面積(募集時の表記面積)の今と昔の比較をしていきたいと思います。



(株)東京カンテイは今月28日に、全国主要都市における2000年以降の3LDK新築マンション専有面積の推移を調査し、分析結果を公表しました。首都圏における20年(9月まで)の3LDKマンションの平均専有面積は、東京23区75.05平方メートル、横浜市71.39平方メートル、さいたま市70.15平方メートル、千葉市71.98平方メートルという調査結果でした。

以前のブログでも、取り上げたことのあるこの話題ですが、当時は建材費や人件費等の建築コスト上昇の煽りをうけ各社デベロッパーも価格を上げずに販売する為の苦肉の策としてご紹介しました。しかし今回の調査でタワーマンション等で面積の広いプレミアム住戸が設定されるケースも多いことから、23区が最も広い結果となりました。他の3都市は60平方メートル台目前となっています。昨今のタワーマンションは、手に届くグロス価格の設定住戸と突き抜けたプレミアム住戸に2極化しており特に好立地の都心マンションに関しては、価格も牽引し全体の平均値を引き上げ上昇傾向にあります。コロナ禍の影響で投資マネーの余剰を不動産に回す傾向も強く結果として需要と供給のバランスも合致し、販売状況も実に好調なのです。

東京23区の面積帯別構成比率の推移を具体的に見てみると、50平方メートル台以下が1.1%(20年通年比0.1ポイント低下)、60平方メートル台前半が7.1%(同0.8ポイント低下)、60平方メートル台後半が24.2%(同3.2ポイント上昇)、70平方メートル台前半が38.7%(同4.7ポイント低下)、70平方メートル台後半10.8%(同1.0ポイント低下)、80~90平方メートル台12.4%(同2.6ポイント上昇)、100平方メートル以上5.7%(同0.6ポイント上昇)という結果となっております。80~90平方メートル台は、03年には3LDK住戸の30.8%占め、08年頃までは25%超だったが、その後の価格上昇期に急速に減少。ボリュームゾーンである70平方メートル台前半の割合が14年の46.4%をピークに徐々に減少し、60平方メートル台後半の割合が徐々に上昇していることから、価格高騰が住戸面積に影響を与えていることが分かった。

横浜市では、100平方メートル以上の比率がわずか0.4%(同横ばい)。リーマン・ショック前までは70平方メートル台後半~80平方メートル台の割合が過半となっていたが、それ以降の価格高騰の影響でボリュームゾーンが70平方メートル台前半に縮小している。他の人気主要都市についても同様の傾向であり、東京23区以外で広めの3LDKを購入したいという希望が叶いにくくなっているます。

首都圏外の都市では、大阪市は74.31平方メートル、神戸市は71.46平方メートル、京都市は71.93平方メートル、名古屋市は75.85平方メートルとなり、大阪市はピーク時(03年75.53平方メートル)以降、72~74平方メートル台で推移しているが、神戸と京都、名古屋はいずれもピーク時よりも大きく縮小しました。

今回の調査結果より、2013年以降から徐々に顕著になりだした価格上昇や、コロナ禍の影響も重なり「消費者需要の変化」と「供給側の思惑」が変化してきていることは明確になりました。

山信不動産(株)では、今後も最新のマンション・タワーマンション情報をご紹介していきたいと思います!




- 横浜市のタワーマンション 山信不動産 -

 

タワーマンション情報はこちら

タワーマンションをお探しの方はこちら

 

横浜市|タワーマンション|リノベーション|

湾岸エリア|不動産

 

神奈川県横浜市中区海岸通4-20-2 YT馬車道ビル301

みなとみらい線 「馬車道駅」 徒歩2



≪ 前へ|【NEWS-22】中古マンション都心6区で下落   記事一覧   オフィス需要の変化鮮明に|次へ ≫

タグ一覧

  • LINE
  • Facebook
  • Instagram
  • 横浜市中区・西区特集
  • タワーマンション特集
  • 採用情報
  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 売却査定
  • FUND SIMULATION
  • at home
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    山信不動産株式会社
    • 〒231-0002
    • 神奈川県横浜市中区海岸通4丁目20番2
      YT馬車道ビル301
    • TEL/045-681-4924
    • FAX/045-681-8050
    • 神奈川県知事 (1) 第30994号
  • 更新物件情報

    2022-06-26
    カスタリア銀座Ⅱの情報を更新しました。
    2022-06-26
    デュオ・スカーラ御茶ノ水Ⅱの情報を更新しました。
    2022-06-26
    SS KNOT(エスエス ノット)の情報を更新しました。
    2022-06-26
    コンシェリア横濱元町 THE RESIDENCEの情報を更新しました。
    2022-06-26
    銀座中央ビルの情報を更新しました。
    2022-06-26
    コンシェリア浜松町 MASTER’S VILLAの情報を更新しました。
    2022-06-26
    SYFORME KAWASAKIの情報を更新しました。
    2022-06-26
    パラディーソ広尾の情報を更新しました。
    2022-06-26
    渋谷ふじみビルディングの情報を更新しました。
    2022-06-26
    グランドパレス田町の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

山田 恵二 最新記事



山田 恵二

不動産に関する事なら何でもご相談下さい。 特に、マンションに関しては長く扱ってきた経験もございますので 住宅ローンや税金に関しても細かくご説明致します。 自身の購入や売却といった実際の取引経験も交えてお客様一人一人に合わせたご提案を心がけております。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る